2007年10月01日

これまで放映したなつかしいテレビドラマ一覧(あ行 赤かぶ検事奮戦記シリーズ、赤ちゃんをさがせ、茜さんのお弁当 他)

★赤かぶ検事奮戦記シリーズ(テレビ朝日、1980年) >>詳細はこちらから

和久峻三執筆による、司法試験に受験し合格したエリートではなく検察事務官から叩き上げで検事になった赤かぶ検事こと柊茂(ひいらぎ しげる)が活躍する法廷ミステリー小説。ただし、シリーズの呼称は『赤かぶ検事シリーズ』となされている。
上記を原作にしたフランキー堺主演によるテレビドラマ・シリーズの総称。本稿で著述する。なお、1994年からは橋爪功に主演がバトンタッチされ、そちらは『新・赤かぶ検事奮戦記』シリーズと呼ばれて区別されている。

★赤ちゃんをさがせ(NHK、2003年) >>詳細はこちらから

2003年2月17日から3月6日まで(全12回)放送されたNHK夜の連続ドラマシリーズの作品のひとつ。

連続テレビ小説さくらに主演した高野志穂が朝ドラ以後初の主演ドラマとなった作品で、新米助産婦の亀山陽奈(かめやま・ひな 高野)が様々なトラブルに巻き込まれながら、助産婦として成長していく過程を楽しく描いたコメディーである。

★茜さんのお弁当(TBS、1981年)  >>詳細はこちらから

TBS系列で1981年10月21日〜12月30日に放送されたテレビドラマ。

★明るい家族計画(フジテレビ、1995年)  >>詳細はこちらから

フジテレビ系列で1995年1月12日〜3月23日に木曜劇場枠で放送されたテレビドラマ。

コンドーム販売会社に勤務するサラリーマンの家庭が舞台で、番組タイトルもコンドーム自販機のキャッチコピーから取られている。

★悪意(NHK、2000年)  >>詳細はこちらから


★悪魔のKISS(フジテレビ、1993年)  >>詳細はこちらから

概要
地方から上京してきた3人の女性が>>>続きを読む

2007年09月30日

これまで放映したなつかしいテレビドラマ一覧(あ行-ああ探偵事務所、R-17(テレビ朝日、2001年)、愛をください(フジテレビ、2000年) 他)


★ああ探偵事務所(テレビ朝日、2004年) >>私立探偵・妻木を主人公とする探偵物。 

 本作の特徴は、『金田一』や『コナン』のように、出かけた先で偶然に事件に遭遇するのではなく、あくまで依頼人の方から案件が持ち込まれることである。『 ホームズ』の現代日本版ともいえるが、ホームズのように華麗に真相を暴きだす事はあまりなく、周囲の人々を巻き込んで、泥臭いすったもんだの末にどうにか解決に至る事が多い。
その例として、

警官殺しの犯人をおびき出すため、殺された警官の名を騙って騒動を起こす。
意味不明な暗号文を解読するため、犯人の部屋に忍び込んでヒントを探す。
 などである。
詳細はこちらから



★R-17(テレビ朝日、2001年) >>援助交際、薬物など高校生世代を取り巻く問題をリアルに取り上げた事から反響を呼んだとされる作品。「世界のクロサワ」こと黒澤明の孫である黒澤優と「世界のミフネ」こと三船敏郎の娘である三船美佳の共演が話題となった。また、放映期間中の同年6月には、生徒役の出演者(当時16)がトルエン所持により逮捕されるという事件も発生した。
エンディングでは、エンディング曲と共に視聴者(女子高校生)から寄せられた学校での実体験が挿入された。 
平均視聴率が10%未満で数字的に見れば失敗作だったが、高校生の意見を代弁したかのようなリアリティある内容は反響を呼び、それは高校生が発する大人達へのメッセージとなった。 詳細はこちらから



★愛をください(フジテレビ、2000年) >>児童養護施設で育ったヒロイン・遠野李理香は、愛を知らない女の子。18歳の時、施設での虐待や、世間からの>>>続きを読む

なつかしいアニメ放送作品の紹介(宇宙戦艦ヤマトIII、あしたのジョー2 日本テレビ系)

管理人が感動した作品の勝手な評点(観ていない作品は1個とします。)
★★★★★】 宇宙戦艦ヤマトIII (YTV) >>> 詳細説明はこちらから


<<ストーリー>>
23世紀初頭、銀河系では、巨大な星間国家ボラー連邦と新興のガルマン・ガミラス帝国が激しい星間戦争をくりかえしていた。ボラー連邦の属領バース星をめぐる戦闘の際、ガルマン・ガミラス東部方面軍のダゴン艦隊が放った惑星破壊プロトンミサイルが流れ弾となって太陽系に侵入し、太陽に命中してしまった。 その影響で太陽に核融合異常増進が起こり、このままだと1年以内に地球は灼熱地獄となって人類が滅亡し、3年で太陽が惑星を飲み込んで超新星爆発を起こして太陽系自体が消滅してしまうという。 地球防衛軍司令長官藤堂平九郎は、宇宙戦艦ヤマトを第2の地球探しの特務艦として、銀河系中心方向に密かに派遣することにした。長く艦長代理を務めてきた古代進は正式に新艦長に任命され、島大介及び真田志郎が副長としてこれを補佐する事となった。また、今回の任務に際し新人乗組員が多数乗艦、その中には土門竜介、揚羽武ら有望な若者も含まれていた。

ダゴン艦隊の攻撃で傷つき、太陽系へ逃れてきたバース星旗艦ラジェンドラ号を助けた事から、ヤマトとガルマン・ガミラス東部方面軍は交戦状態に入ってしまった。ヤマトは数回の戦闘を勝ち抜いたが、ついに捕獲されてしまう。 ガルマン・ガミラスの総統はあのデスラーだった。再び地球やヤマトと戦う可能性を。>>>続きを読む
posted by abelu at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。